Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

乃木希典 福田和也

大きな仕事よりも、寧ろ人格によって、その時世に非常な貢献をする人が、三十年に一度か、六十年に一度出現することがある。

スタンレー・ウォシュバン『乃木』

 

乃木希典 (文春文庫)

乃木希典 (文春文庫)

 

 

概説

本書は10年前に書かれた乃木希典の評伝である。

 

10年前が日露戦争開戦100年だっというので、今年は開戦110年ということになる。

 

現在、司馬遼太郎乃木希典精神主義者として、そして軍事面では愚将であるように造形したことから、一般的な認識がそのようなものなってしまっている。

本書では、そうやって貶められた乃木希典像の再考を試みている。

しかし本書では軍事面の考察は避けているので、司馬氏のそれを認めつつ、精神主義者としての乃木を、立派な人=人格者として捉え、その重大性・偉大性という点に力点をおいて論じるにとどまっている。

そのため、新たな乃木希典像の提示という段階にまでは踏み込めていない印象だ。

 

乃木のイメージ

本書でも乃木の事は、

乃木は戦下手のスタイリストである、というのが通り相場のようだ。歴史好きの戦争談義からテレビ、マンガにいたるまで、恰好はつけるけれど実戦ではからきしという乃木像を反復している。 p.25

というように、一般の乃木のイメージを規定している。

 

また、これは明治期の乃木のイメージにも通底するもののようだ。

明治41年8月号の『中央公論』において、乃木が特集された時、三宅雪嶺は、

戦略に於て大将に優つたものは他に在らう、が司令官として人格の必要な事は、大将が後の人に之を示している、人格と伎倆と往々相伴はぬ。 p.38

と書いている。

 

乃木希典

如何に立派な人となりしか

本書では、司馬があまり触れていなかったドイツ留学についてなどにも触れられている。

ドイツ留学にによって、何にどのように感化されたか(乃木の勘違いではあったが)が論じられており興味深く読めた。

 

乃木はベルリンで、最晩年のモルトケと面会している。

中略

略帽を被り、黒のマントを肩にかけて散歩する姿は、確かに風格があったが、モルトケの簡素は、あくまでその合理主義の発露だった。今日、残る写真を見るかぎり、その居室は重厚な装飾がなされており、けして簡略なものではない。師団長室の赤絨毯をどけさせた乃木と同列に論じることはとても出来ないのだが、それでもモルトケの簡素を、合理主義ではなく徳義の発露としてとったのであれば、それが誤解であるとしても、乃木なりの才能を発揮したということになるだろう。 p.116

 

乃木は徳義の発露として、制服を着ることに着目する。制服を着ることで、常に閲されているという意識を持ち、自身を徳義の塊であるように強いていたという。

 

読んでみて

司馬遼太郎が嫌乃木であったのに対し、著者は親乃木という立場が全体を通して感じられた。

しかし、それは乃木自身の人物像としてはほぼ共通する認識の下であったと感じる。同じ人物像に対し、ここまで評価が分かれるのは、人間の奥深さと言えるであろう。

乃木希典という人間が、なぜここまで信奉されたのか。その答えのひとつが本書では提示されていたように思う。

 

最後に、乃木の軍事面が本当に拙かったのか、やはりそこがとても気になるところだ。