読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

鎌倉五山巡り 壽福寺

壽福寺

 正治2年(1200)北条政子源義朝(頼朝の父)の居館跡に創建した。

歩く地図鎌倉・横浜散歩 2018―古都と港町歩きの決定版! (SEIBIDO MOOK)より引用

 

壽福寺へ

円覚寺を後にして、また建長寺方面へと向かいます。

途中、右に折れて亀ケ谷坂を登り、山を越えました。

かなり勾配のキツい坂で、ここでも息が切れかかりました。

 

f:id:syumpu16:20170508171505j:image

f:id:syumpu16:20170508171527j:image

亀ケ谷坂は亀ケ谷切通しとも呼ばれる、鎌倉七口のひとつです。

山ノ内から扇ガ谷方面へと抜けました。

 

f:id:syumpu16:20170508171945j:image

亀ケ谷坂を下ると、 岩舟地蔵堂がありました。

源頼朝の娘大姫を供養する地蔵堂と伝えられます。

 

f:id:syumpu16:20170508172109j:image

ここから少し進むと、横須賀線沿いに出ます。

線路沿いを鎌倉駅方面へ少し進むと壽福寺があります。

 

f:id:syumpu16:20170508172227j:image

壽福寺に到着です。

壽福寺では一般の日は拝観を行っておらず、写真の総門から仏殿に至る参道、そして裏の北条政子源実朝のお墓のみ拝観することができます。

 

f:id:syumpu16:20170508172531j:image

参道は苔むしており、静かな雰囲気でした。

 

f:id:syumpu16:20170508172637j:image

参道から仏殿を遠望できます。

 

通常はここまでしか拝観できませんが、御朱印を頂く際には右に入り寺務所へと向かいます。

ここの御住職は、ネット上でもかなり有名な方のようです。

 

寺務所にはインターホンがあり、鳴らすと御住職の奥様らしき方が左側のガラス戸から顔を出してくださいました。

「御本尊の御朱印を頂きたい」旨を伝えると、丁度御住職がお務めの最中だったようで、書き置きの御朱印を渡してくれようとしました。

しかし、生憎御本尊の御朱印がきれており、奥様に代筆して頂ける事になりかけたところ、御住職がお務めを終えられ奥に顔を出されました。

そして直々に御朱印を書いていただける運びになりました。

 

かなり緩慢な動きでこちらに向かって歩いて来られ「御本尊でいいのね?」と一言発した後、流麗な筆使いで御朱印を書いて頂けました。

f:id:syumpu16:20170508173456j:image

鎌倉五山を巡る中でも、御住職直筆の御朱印は壽福寺のみであり、とても貴重なものを拝受できました。

 

 

北条政子源実朝のお墓へ

総門まで戻り、向かって左側の小径を進んで行くと裏側の墓地に出ます。

 

墓地の階段を登って右側の一番奥に北条政子源実朝のお墓がありました。

 

f:id:syumpu16:20170510074131j:image

向かって左が北条政子、右が源実朝のお墓のようです。

 

f:id:syumpu16:20170510074301j:image

北条政子の墓(五輪塔

 

f:id:syumpu16:20170510074429j:image

 源実朝の墓(五輪塔

 

やぐら内に五輪塔があります。

 

お二人に手を合わせ暫しその静けさに浸り、壽福寺を後にしました。