読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

鎌倉五山巡り 建長寺

建長寺へ

f:id:syumpu16:20170430060508j:image

スタートは北鎌倉駅です。

 

改札を出て、鎌倉五山第二位の円覚寺を左手に見つつ、踏切を渡り国道21号に出て鎌倉駅方面に向かいます。

 

そこから約15分。距離にして1km程度の所に建長寺はあります。

 

f:id:syumpu16:20170430061345j:image

 

北鎌倉方面から行くと、駐車場を抜けて総門に向かえます。

 

総門を潜ると右手に拝観受付。

拝観料は大人¥500でした。

 

建長寺御朱印をお受けする場合には、拝観受付の向かいにある御朱印所に御朱印帳を預けて境内を拝観します。御朱印帳を番号札と引き換えいざ拝観です。

 

 

鎌倉五山とは

建長寺拝観レポの前に、そもそも鎌倉五山とは何かを説明しておきましょう。

 

鎌倉五山とは、5代執権北条時頼の時代に中国の五山の制に倣い、本邦でも臨済宗の寺院を格付けしたものです。

f:id:syumpu16:20170430091507j:image

「五山之上」と呼ばれる最高位に南禅寺が位置し、その下の寺格に鎌倉五山京都五山が置かれています。

 

 

建長寺とは

さて、建長寺です。

三門・仏殿・法堂・方丈がほぼ一直線に並び、そのまわりを塔頭が囲む臨済宗建長寺派大本山。5代執権北条時頼が宋の高僧・蘭渓道隆(大覚禅師)を開山に迎え、建長5年(1253年)に日本初の本格的禅寺として創建。

歩く地図鎌倉・横浜散歩 2018―古都と港町歩きの決定版! (SEIBIDO MOOK)より引用

 

 

建長寺を歩く

f:id:syumpu16:20170430092254j:image

拝観受付を済ませ、歩をすすめると立派な三門が目に留まります。
現在の三門は1775年に再建されたものです。

f:id:syumpu16:20170430092301j:image

 扁額には建長興国禅寺の文字が。

こちらは、後深草天皇の宸筆との事。

 

f:id:syumpu16:20170501013037j:image

こちらは法堂の天井画「雲龍図」。

建長寺創建750年記念事業により描かれたものです。

 

f:id:syumpu16:20170501013409j:image

 f:id:syumpu16:20170501013418j:image

方丈の手前には唐門もありました。

 

f:id:syumpu16:20170501013515j:image

方丈では学生さんが座禅を組んでおられました。その方丈をぐるりと反対側に回り込むと庭園があります。

この庭園は、 蘸碧池(心字池)を中心にした池泉庭園。

蘭渓道隆(大覚禅師)の作庭と伝わります。

f:id:syumpu16:20170501025249j:image

京都に多くみられる枯山水とは異なり、鎌倉時代を彷彿させる池泉庭園であり、こちらはこちらで趣があります。庭園の見事さからか、自然と静寂が場を支配していました。

 

 

 

簡単ですが、建長寺のレビューは以上となります。

次回は建長寺の鎮守社・半僧坊を紹介したいと思います。