読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

京都旅行で花街「島原」に行ってきました その1

先日京都旅行に行き、寺院巡りをしてきました。

 

東福寺本願寺南禅寺などを巡る中で、西本願寺に行った際に時間に余裕ができたため、近くにある花街「島原」へと足を向けたのでした。

 

私が島原を知ったのは、浅田次郎新撰組三部作の二作目輪違屋糸里でした。

 

 

輪違屋糸里 上 (文春文庫)

輪違屋糸里 上 (文春文庫)

 

 

輪違屋糸里』は置屋・商家・壬生住人士などの女性側の視点を強く打ち出した作品。

物語は、新撰組がまだ浪士組と呼ばれていた頃から始まります。特筆すべきは、芹沢一派の人物造形の緻密さ。これがとても魅力的に描かれています。百姓と侍。詐謀と愚直さ。そして男と女。クライマックスに向けて、様々な対立構造が浮かび上がります。その中で、登場人物一人一人が止むに止まれぬところまで追い詰められ、クライマックスは「悲哀」に満ちた決断を迫られます。

 

 

さて、その舞台が花街「島原」です。

f:id:syumpu16:20170326201600j:image

f:id:syumpu16:20170326202129j:image

写真はその入口の島原大門。

この門を潜ると、江戸時代には左右に整然と置屋揚屋が並んでいたそうです。

島原大門は島原の東に位置し、東西194.9m、南北242.1mであり、面積は47200㎡あります。

 

花街とは

さて、「花街(かがい)」というと遊郭と混同しがちですが、島原で頂いたフリーペーパー『島原のQ&A』では明確な違いがあると言います。以下、引用です。

明治以降の歓楽街は、都市構造とは関係なく、業務内容で「花街」と「遊郭」の二つに分けられました。「花街」は歌や舞を伴う遊宴の町であり、一方、「遊郭」は歌や舞もなく、宴会もしない、歓楽のみの町であります。

 尚、三省堂 大辞林を引用すると、

いろまち。遊郭。花柳街。

とあります。実際には「花街」と「遊郭」という単語には意味を同じくする部分があるのも事実のようです。しかし、高度な教養と技能を兼ね備えた遊女である、太夫(たゆう)を抱えているという自負を大切にし、島原では明確に区別しているという風に感じられました。