読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

信長の影 所収 『浅井長政』 岡田秀文

書評 レビュー 感想 岡田秀文 織田信長 信長の影 浅井長政 武田勝頼

 

信長の影 (双葉文庫)

信長の影 (双葉文庫)

 

 現在、岡田秀文著『信長の影』を読んでいる。

これはそのタイトル通り、信長を取り巻く人物を描くことで信長の影を浮き上がらせていく短編集だ。場面説明や背景説明が多い作風ではあるが、これが登場人物の内面を強調させていて中々面白い作品という印象をもった。

 

第1編は上杉謙信の視点。第2編では信長の叔父、織田信光の視点。そして、第3編では浅井長政の視点が描かれる。

 

上杉謙信や、信光在世時の尾張統一時代の物語は目にするが、浅井長政視点となると意外と無いものである。そのためまず浅井氏の縁起を興味深く読んだ。

古来 、浅井家は北近江の守護職京極氏に代々仕えてきた国人であった 。長政の祖父亮政の時代に 、京極家内の家督争いに端を発した内紛に乗じて 、浅井家は主家京極氏を圧し 、北近江随一の勢力を誇るようになった 。しかし 、その権力基盤は盤石にはほど遠く 、京極氏の反撃 、京極氏の本家筋である南近江の六角氏からの圧迫 、美濃の齋藤氏の侵入などに悩まされつづけた 。

 

浅井亮政は病に没するその時まで六角 、京極との争いに明け暮れた 。跡を継いだ久政は 、六角氏との一戦に敗れた後 、六角氏との同盟の道を探った 。嫡子長政の正室に六角氏の家臣平井定武の娘を娶ったのも 、六角氏の意を迎え 、自らの権力基盤を高めようとしたために他ならない 。しかし 、皮肉なことに国内では六角氏に従属する屈辱的な同盟に 、反発するものが大勢となり 、久政は失脚し一時は琵琶湖湖畔の孤島 、竹生島での幽閉の身を余儀なくされた 。以来 、平井定武の娘を離縁した長政が当主の座にある 。

浅井長政というと、織田信長の髑髏盃のイメージが強く、浅井氏は久政・長政の二頭態勢で運営されていたのかという思い込みがあったが、父久政は竹生島で幽閉されていた時期があったのだ。しかし、信長に同盟を持ちかけられた当時は小谷城内で隠居しており、小説では実質的な力は失っている状態にあるとして描かれている。

 

ところで、浅井長政は15歳で家督を継ぎ、28歳で亡くなっている。肖像画を見る限りは、壮年の大名でありそうなものだったので、亡くなったのが28歳というのを知った時には驚いたものである。

f:id:syumpu16:20170228005340j:image

 小説では、若年の長政の葛藤がありありと描かれる。長政は見せかけは豪放磊落を装い、評定時には声を放てばそれが鶴の一声となる。しかし、内面は優柔不断という本性がある。この、統制の取れていない性格故に、家臣の統制に後々苦しむこととなるのだ。本作ではそんな、長政の苦悩が描かれている。

 

本作を読んで私は、家臣の統制に苦慮する若年の大名として、武田信玄の嫡子武田勝頼を連想した。勝頼も信玄が遺した重臣たちに軽んじられ、家臣の統制に苦慮した一人だ。勝頼は武断派の為、家臣の統制をはかるために無謀な戦を行い実績をあげ、求心力を得ようとした。しかしこれが裏目に出て、長篠の戦いで大敗北を喫する。対して物語の長政は優柔不断な性分から、評定をまとめることはできたが、自分の意見を出して部下を従わせるということができずに、滅亡の道を一歩踏み出してしまう。

同じような立場で、対極的な二人はいずれの手法でも家臣の統制が上手くいかなかったようだ。若年のリーダーが、年上の部下を従えるというのは斯くも難しいということなのであろうか。