読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book review 〜春風駘蕩〜

気に入った本の書評・感想や本関連の話題を書いていきたいです。

幸田露伴

太郎坊 幸田露伴

あらすじ 主人公は丈夫づくりの薄禿の男。ある真夏の、日の傾く頃、細君に酌をして貰い、いい気分で杯を重ねていた。しかしほろ酔いになったところで、手にしていた猪口を取り落として割ってしまう。この猪口は太郎坊と呼んで大事につかっていたものであった…

観画談 幸田露伴

読んで字のごとくの、画を観る談(はなし)である。 同著者の『幻談』にもみられた、五感がくらくらと揺さぶられるような、感覚が鈍ったり冴えたりというような筆致で、物語が紡がれている。 幻談・観画談 他三篇 (岩波文庫) 作者: 幸田露伴 出版社/メーカー…

五重塔 幸田露伴

露伴を読もうと思い立ったのは、 勝海舟の言がきっかけだ。 晩年の勝海舟(Automatic Image Colorization・白黒画像の自動色付けにより着色) 海舟の言行録『氷川清話』の中には、以下のような海舟流の小説論がある。 今の小説家はなぜ穿ちが下手だらう。諷…